Kingdom Come: Deliverance 翻訳スレ 2
57 :名無しさんの野望 :2018/09/13(木) 08:57:45.49 ID:/34oWpIs0.net
炎の洗礼(=初陣)って言葉の響きはすごくカッコよくて好きなんだけど…

洗礼=赤ん坊に頭の上から水をぶっかける儀式
炎の洗礼=新兵に頭の上から銃弾をばらまく儀式

銃火器(fire)が登場してからの言い回しっぽいんだよね…火矢?
知らない人は意味がわからないかもだし『初陣』にしちゃったほうが良いかな
58 :名無しさんの野望 :2018/09/13(木) 13:11:20.72 ID:b6iOFDbw0.net
原文見てないけど、baptism of fire のことかな?

1..兵士の戦闘初体験
2.開始時の試練または経験
(collinsdictionary Baptism of fire in Britishより)
だから、炎の洗礼で間違ってないと思うよ

場面がわからないけど、炎の洗礼=初陣とわかるようなら、かっこいい炎の洗礼のままでいいのではないでしょうか
59 :名無しさんの野望 :2018/09/13(木) 17:00:14.46 ID:DNAzg6830.net
場面と言うか、プリ村に攻め込むときのクエストタイトルね、「Baptism of fire」
タイトルだから確かにカッコいいほうがいい

ただ初戦ではあっても、剣とか弓矢での戦いだと、炎(銃弾)の洗礼(浴びせる)になってくれないんだよねw
赤ん坊に水かけてキリスト教徒の仲間入りさせる儀式を
新兵が銃火器の弾幕の雨くぐり抜けるのになぞらえてるわけだから、この時代だと『炎』の要素が…
まあ、元のゲームが使ってるんだから、そこまで気にしなくてもいいか

=初陣ってことがわかるなら確かにそのままでいいんだけど、
解説してくれる場所がなくて… クエストログのところで勝手に解説しちゃうかな
「これが僕の初陣(炎の洗礼)だ」って
61 :名無しさんの野望 :2018/09/13(木) 18:45:46.38 ID:fHGtqc+/d.net
火の洗礼のことだろ
信じて戦ったもの(洗礼を受けた者)達が救われた
戦わなかったら(洗礼を受けていなかったら)滅びてた
63 :名無しさんの野望 :2018/09/13(木) 21:05:28.02 ID:b6iOFDbw0.net
>>59
>炎(銃弾)の洗礼(浴びせる)
こう解釈する理由ってどういったものなんでしょうか?
「Baptism of fire」 = 初陣 という語句の意味より、「Baptisum」と 「fire」を個別に訳して
そこから意味を見出そうとする理由がわかりません

処女航海を「処女」が「海を航る」こと、とは解釈しないですよね。それと同じで
FireとBaptismを別々にして考える必要はないのではないかと
64 :名無しさんの野望 :2018/09/13(木) 21:06:49.58 ID:b6iOFDbw0.net
とか言いつつ、>>58で炎の洗礼でいいのではとか言ってる時点で
自分も「Baptism」 of 「fire」で解釈しちゃってますね。ごめんなさい
Baptism of fire で初陣と言う意味があるので、訳という意味では、「炎の洗礼」より
「初陣」の方が正しいのではないかと思います

ただ、クエストログはヘンリーの日記に近い感じで書かれている部分があるので
「炎の洗礼」として、解説を追加するってのも有りですね
69 :名無しさんの野望 :2018/09/14(金) 10:33:03.33 ID:Aaw8AG3F0.net
>>63
「なぜ『炎の洗礼』って言葉に『初陣』っていう意味があるのか」って話ですよ
火薬を使ったファイアアームで銃弾ばらまかれるから『炎』なわけで
「撃て!」が「Fire!」の時代の言い回しであって
「撃て!」が「Loose!」のこの時代だと、ファイアの洗礼になってくれないじゃん?
wikipediaだと英語圏でこれが軍隊の初陣の意味で使われ始めたのは1822年って書いてある
ファンタジーならファイアーボール飛び交ってるかもだけど

それでも英語圏だと『初陣』って意味を慣用句として皆知ってるからともかく
わざわざ日本語にした時に『炎の洗礼』って使うのはカッコいい以外の利点がないな、と
ただ、章タイトルだからカッコいいは正義だし
火矢とか建物の炎上とかこじつけられなくは…ないかな?

…と、思ってたけど
『Rocketeer』(ロケット技師)の方がもっとひどいか。こじつけようがない。
うん、ロケッティアに比べたら炎の洗礼は可愛いもんですわ。
ロケットの前ではガンファイアはどうでもよく思えてきた。

…ロケッティアは皆さん平気? 違和感ない?
72 :名無しさんの野望 :2018/09/14(金) 14:57:29.52 ID:6wNwbJ+b0.net
>>69
要は時代にそぐわない語句が使われているのが気にならないかってことかな?

ナイトビジョンのような効果を得られる薬や
近代に書かれた小説に登場する架空の書物であるネクロノミコンなど
架空の要素が含まれている時点で、完璧な当時の様子を再現しているわけではないのだし
当時使われてない言葉があっても、違和感はないかな

Rocketeerは、大砲技師だろうか
投石器作成で連れてくるコンラッドが、ほとんど知られていない大砲の概要を説明して
何言ってんだコイツと思われるシーンがあったような

Rocket
2. a weapon shaped like a big tube that is fired at things(ロングマン英英)
物体を発射する大きな筒のような形状の武器
(何でis firedなんだろう、間違ってたらすまん)
73 :名無しさんの野望 :2018/09/14(金) 18:18:46.28 ID:Aaw8AG3F0.net
>>72
物体「に向けて」発射される大きな筒状の武器

ロケットが平気なら、そりゃ炎の洗礼も平気よね ok納得した
初陣の説明だけ組み込んで、時代背景は気にしないことにするわー

>>71
頑張って埋めるよー
でも、炎の洗礼、大成功ルートと大失敗ルートはともかく、
中途半端ルートを狙ってプレイするの難しいな

橋じゃない道から突進するセリフっぽいのもあるけど、
毒蛇の巣からプレイし直さないと出てこないんだろうか
74 :名無しさんの野望 :2018/09/14(金) 21:12:07.77 ID:mM7tJU0F0.net
翻訳はプレイでたどり着けなかったルートも垣間見えるから楽しいよ!
75 :名無しさんの野望 :2018/09/14(金) 23:35:54.30 ID:6wNwbJ+b0.net
>>73
なるほど、ありがとう

コンラッドのくだりやグーグル翻訳でまとめて訳したときの間違った訳を根拠に
Rocket=大砲と思い込んでたので、>>72は間違いです

マヌケなことにロングマンの訳の所にも→Missileとあるのですが
大砲じゃなくてミサイルのことを表してます
調べたことを都合のいいように解釈してしまってすいません
76 :名無しさんの野望 :2018/09/15(土) 08:05:53.77 ID:zasOAvcy0.net
>>75
ロケット(英: rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。
また、ロケットの先端部に核弾頭や爆発物などの軍事用のペイロードを搭載して標的や目的地に着弾させる場合にはミサイルとして区別され、弾道飛行をして目的地に着弾させるものを特に弾道ミサイルとして区別している。


ロケットの語源は、1379年にイタリアの芸術家兼技術者であるムラトーリ[1]が西欧で初めて火薬推進式のロケットを作り、それを形状にちなんで『ロッケッタ[2]』と名づけたことによる。

!!!!!!(ゲーム1403年、間に合っとる!)
77 :名無しさんの野望 :2018/09/15(土) 08:11:43.11 ID:zasOAvcy0.net
すげー、この時代ロケットあるんや
はじめて知った
78 :名無しさんの野望 :2018/09/15(土) 17:55:21.56 ID:3gN4TBtD0.net
やっぱ時代考証は結構されてるんだね、このゲーム
引用元(全文を読む):Kingdom Come: Deliverance 翻訳スレ 2
■関連記事
意味 / 時代 / 言葉 / カッコ / fire / ロケット / 銃弾 / 洗礼 / 初陣 / baptism / rocket /
本サイトについて | お問い合わせ